ブランドのタグ切り品を高く売る方法。ヤフオクとブランド買取サイトどっちがいい?

タグ切り品 売る

 

タグ切りがされているブランド品を売る時の方法にヤフオクと買取サイトに出す方法がありますが、両者のいずれかならヤフオクの方が良いと言えるでしょう。
その理由はそもそも買取サイトではブランド買取をしてくれない可能性が高いからです。わたしも断捨離をしている時に買取サイトにタグ切り品を送ってみたことがあるのですが、査定結果は0円。
タグがない状態ですと売れないという理由でしたが、後で買取ができないアイテムの特徴の説明を見てみたらばっちり買取不可と記載されていました。
完全によく読んでから利用しなかったわたしのミスです。
正規品かどうかの判断ができなくなってしまいますし、売り物にもならない為に買取不可になっているのでしょうね。

 

でも、一方のヤフオクなら売れる可能性が高いです。
ただタグ切り品を売る時には注意点もありますが、まずタグが切られていることを確実に明記するようにしましょう。
ブランド品を落札する側としては真贋が気になる部分でもありますからタグが切られており、偽物と疑いたくなる状態ですとクレームが入ってくることがあります。
予め明記しておけばトラブルの回避もできますのできちんと書いておきましょう。

 

ブランドが曖昧な場合はブランド品として出さないようにするのもポイントです。
本物と証明できない状態でブランド品を謳ってしまうと偽物と判断されてしまう恐れがあります。
何かしらの証明できる付属品などがあれば良いのですが、ない場合はノーブランドとして売るなどした方がトラブルのリスクも小さくなりますよ。